HOME>イチオシ情報>それぞれの仕組みを理解するとともに費用も理解しておこう
エクステリア

下請け業者を使うかどうか

これからが外壁塗装を考えている場合には、業者の選び方をよく考えておきたいところです。一般的に工務店やリフォーム業者等が外壁塗装の受け入れ口となっています。よく業者のホームページがありますが、塗装に関するホームページは工務店とリフォーム業者2つが多いでしょう。これらにお願いする場合は、その人に塗装業者がありその塗装業者が下請けをする形になります。仕組み自体は整っていますが、中間マージンが発生する可能性があるでしょう。中間マージンは全体の3%前後となっていますのでそれほど大きなお金ではありませんが、塗装代が100万円を超える場合が多いことを考えれば、3%でも大きな出費になると言えるでしょう。もし中間マージンを支払うのが嫌ならば、直接塗装業者を自分で見つけることです。実際にホームページなどを見ると、塗装業者のものもありますので、そこにお願いをしてみましょう。

どれくらいのお金がかかるか

これから外壁塗装を考えている場合には、先立つものがなければできません。そのためおおよその外壁塗装の費用を理解しておくことが必要になります。費用に関しては、塗料によって随分異なるところですが、一般的に利用されているシリコン型塗料と呼ばれるものを利用すれば、60万円前後で塗装をすることが可能になります。これは一般的な一戸建て住宅の費用になりますので、それよりも大きな住宅の場合にはさらにお金がかかると言って良いでしょう。ですが実際に屋根塗装も同時に行うことを考えると、100万円以上のお金がかかることも珍しくありません。このように考えれば、最低でも100万円のお金を貯めておきたいところです。お金がない場合には、リフォームローンと呼ばれるものを組むことも可能になります。これを組むことで、お金を間に合わせることは可能でしょう。

広告募集中